ダイエットに効果的!?サランラップを巻いて筋トレって正直どうなの?

筋トレをするとき、サランラップを巻くといろんな効果やダイエット効果を得られると聞きました。

 

果たしてどんな感じなのでしょう?本当にダイエット効果はあるのでしょうか???

 

サランラップを巻くとどんな効果がある?

まずサランラップを使用するのは、痩せたいと考えている体の部位です。

 

腹筋回り、二の腕、太ももなど、巻ける場所なだどこでも問題ないです。

 

サランラップを巻くことによって体の熱が逃げなくなって、発汗効果が高まります。

 

そして、巻いた場所は暖かくなるので血流が促進されます。

 

これによって脂肪の燃焼効果が高くなり、むくみも解消していく効果にも期待できるということなのです。

 

筋トレ部位にサランラップを巻いてみる

使用するサランラップは市販のものですが、できるだけ強度の高いものを選んだほうが良さそうです。

 

上腕二頭筋や腹筋など、トレーニングをする部位にぐるぐると巻いていきますが、一人で行うのは最初は難しい部位もあります。

 

2人いたら巻きづらい場所にも巻くことは容易そうに考えられますので、2人以上でトレーニングをやってみることをおすすめします。

 

何かと問題が発生したときに2人だと対処もしやすくなります。

 

あまり巻きすぎてしまうと動きづらくなることを考慮して、適度にぐるっと巻きつけます。

 

サランラップはテープで止めなくても張り付くものがありますが、剥がれるようならテープで止めるなり、ゴムバンドを巻くなりで固定します。

 

巻いた状態で筋トレをすると、部分サウナ的な状態になります。

 

ウォーキングのときにも応用できるのではと考えられます。

 

サランラップがはずれないように巻いて、トレーニングウェアを身に着けてウォーキングを始めたら、きっと発汗量はかなりのものになるはずです。

 

ただ、激しく動くトレーニングのときには、はずれないような工夫も必要になりそうです。

 

気をつけたいところは?

なかなかいいこと尽くしに見えるサランラップ筋トレですが、注意点も確実にあります。

 

たとえばサランラップを腕などにキツく巻きすぎてしまうと、血流が止められてしまうことになり、しびれが出たり発汗できなくなるといったことも考えられます。

 

あまり大量に巻きすぎてしまうと、筋肉や関節が動きづらくなって逆効果になる場合もありますのでご注意ください。

 

取り外す時にハサミを入れるなどの状況になると、怪我も考えられますのできつ過ぎず緩すぎずまきましょう。

 

サランラップは安い商品だと言っても、大量に消費するとお財布にも厳しくなることが考えられますので、サランラップ筋トレでは、常に適量を使うことを考えておくべきでしょう。

 

まとめ

サランラップを巻いて筋トレ等の運動をすることで脂肪燃焼効果が高まり効率よく痩せることが可能となります。

 

私の場合は中年太りでぽっこりとしたお腹を凹ませるために行っていますが、効果はそこそこですwww

 

しかし、サランラップ筋トレとあるものを組み合わせた途端急激に痩せることに成功したのです!

 

それは脂肪燃焼効果のある機能性表示食品になります!

 

機能性表示食品とはその効果が国(消費者庁)に認められた食品のことで、確実なダイエット効果に期待できるもので、その辺のダイエットサプリとは訳が違うのです。

 

実際私が取り入れている機能性表示食品はシボヘールと言う商品で、お腹周りの脂肪を落とすのに特化した食品になります。

 

シボヘールの口コミを参考に購入しましたが、その効果は抜群でサランラップ筋トレと相性抜群になります。

 

基本的には飲むだけでもいいみたいですが、脂肪を分解して燃焼を促進させる効果があるため、サランラップ筋トレを行うことで驚きのダイエット効果を発揮してくれるのです。

 

もし気になるようでしたらシボヘールの口コミサイトを参考にしてみてください!

 

50代からでも十分痩せることは可能なのですよ。